名張市の中学校 期末テスト、テスト期間に突入! テスト勉強のやり方とは・・・

さて、題名にもあります通り

名張市の中学校では一斉に2学期期末テストのテスト期間に突入いたしました。

多くの生徒が、いつも通りテスト期間までに学校の提出物を終わらせておりますが

中には「あと数ページ残っている」という生徒も数人おりますが、こういった日常とテスト結果はだいたい比例していると感じています。

テスト期間中に、どれだけの『できるようになった!』が確認できるかが大事です。

テスト期間までに提出物が終わっている生徒は、過去に間違えた問題が今でも、できるようになっているか確認するだけで良いのでテスト期間中は意外と楽です。

逆にテスト期間までに提出物が終わっていない生徒は、山盛りの提出物をやるのに必死で1週間が過ぎ、間違えた問題も見直しができないまま『提出物をやっただけ』で、できるかできないか確認もできないままテスト本番に挑みます。

テスト期間中=提出物をやる期間

と思っている子やそのご家族様は多いと思いますが、それは、『やる』だけで確認ができないため、三重進学ゼミでは『テスト期間に入るまでには提出物は終わらせる。テスト期間中は、できるか確認する期間』が正しいとしています。

テスト期間中の塾での対応は、まず提出物が終わっていること

終わっていなければ、塾から課題は出しません。

早急に学校の提出物を終わらせてもらいます。

提出物が終わっている生徒は自分で作った調べ学習のノートや、間違いノートの見直しなどを行い、先生に

・勉強をやりたい教科

・勉強をやりたい範囲(ページ数や単元名等)

・基礎・標準・応用・発展の問題選択

・問題数

などを自分で計画し先生と問題数や難易度を相談しながら学習システムから問題を出してもらいます。

三重進学ゼミで使用しているAI学習システムでは、過去の課題で間違えた問題などはデータで全て残っているので

どの単元が、どれぐらい苦手なのか一目で確認することもできます。



それを確認して計画することも可能です。

今回も、たくさん良い点が取れるよう頑張りましょう!