小学生のうちにさせなければいけないこと。

ゲームをさせるよりも本を読ませたほうが良いです。


なぜなら

これから先、何に興味を持ったとしても、それについて頑張ろうとしても、必ず『読む』ということが必要となるからです。


では、読む力が無い場合、どういうことが起こるかというと


読む力が無ければ長い文章を読み切ることができません。


読解力が無ければ読めたとしても読み解くことができません。


これらができなければ興味を持ったことに対する知識を、入れることもできないですし、学生のうちは教科書の文章や問題集の解答でさえ読み解くことができないです。


さらには

語彙力(言葉の数)が無ければ『わからない』ことを先生に聞きに行ったとしても、質問に答える先生はその『わからない言葉』でとても丁寧に説明をしてくれるので、結局聞いた本人の語彙力が無ければ質問をする意味すらなくなってくるということが見えてきます。


次回は

じゃ、『どうやって本を読ませるのか』について書く予定です。