2019年度 卒塾生の声 (あけぼの学園高等学校進学)

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

私が一番印象に残ったことは勉強の仕方とやる気で本当に勉強ができるようになるということです。

私は学校以外では1度も勉強をしたことがありませんでした。

だから勉強の仕方を全く知りませんでした。

そして、やる気も0%。

学校に行けなくなった期間もあり、とても遅れていました。

でも、塾で正しい勉強のやり方をいろいろ教えてもらって、その通りに毎日頑張っていたら少しずつ勉強ができるようになりました。

できないことや、できるのにやらないことが多かった分、たくさんできることが増えていき、それが嬉しくてどんどんやる気が出てきました。

だから、印象に残っていることは勉強のやり方とやる気で本当に勉強ができるようになるということです。

今後、生きて行く上で学んだことは『わからないことを、わからないままにしない』ということです。

分からないことがあればまず自分で調べてそれでも解決しないときは教えてくれる人に聞こうと思います。

そうして沢山成長していきたいです。

〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

できるだけ早く、将来の夢や目標を見つけることです。

何も夢や目標がないと行きたい高校が見つけにくいと思います。

そうなると勉強をする理由がなくなって適当に生活をしちゃうと思います。

私は1年の時に部活で行きたい高校がありました。

でも辛い出来事があり続けられない状況になりました。

そこで、夢も目標もなくなり、それまで頑張っていた勉強も何もかもが適当になり、適当どころか何もやらなくなりました。

テストの点数は右肩下がり。

でも、やっと夢を見つけたときにはもう中3の冬。

とてもスタートが遅かったです。

色々なことに後悔しながら頑張りました。

とてもしんどかったです。

だから、早くに夢や目標を見つけてほしいです。

そして、何があっても最後まであきらめないでほしいです。