2020年度 卒塾生の声

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

印象に残っていることは、三重進学ゼミでやる課題の量が多いことです。

他の塾とは比べ物にならないほどの演習量です。

でも、そのおかげで高校の過去問などを解く際に「あれ?問題数少なっ!!」と思いました。

学んだことは勉強の楽しさです。

三重進学ゼミに通ってからは国語の点数が確実に上がりました。

理科の過去問も初めは50点満点で18点ぐらいでしたが今では30点を超えるぐらい点数を伸ばすことができました。



〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

新3年生に伝えたいことは

春のうちから受験勉強を始めたほうがいいということです。

理由は、春からコツコツ勉強することによって、まだ1年も時間があるから、しっかり復習もできるし、わからないところがあっても時間をかけて調べたりすることができます。

夏以降だと、行きたい高校によっては時間が足りないです。


新2年生や新1年生に伝えたいことは

応用問題よりも基礎問題を完璧にしたほうがいいです!

理由は、基礎問題ができるから応用問題ができるのです。

だから、基礎がわからなかったら、当然応用問題はわかるはずがありません。

中3になる前に、わからないところへ戻って基礎問題を1つづつ確実にできるように努力したほうがいいです。

三重進学ゼミでは、苦手な問題がかなり細かくデータで残るのでテスト勉強をするときなどは、ピンポイントで勉強をすることができます。

どこを勉強したらいいか、わからない子は相談したほうがいいと思います。

最新記事

すべて表示

2020年度 卒塾生の声

三重進学ゼミでは自分が今まで知らなかった問題や解き方がたくさん出てきたので、今までよりも新しい問題に向き合う時間が増えた。 そして、たくさん考えることで勉強に対する意識が高まったと思う。 また、自分が嫌いだった数学の難しい問題を解くことで達成感を感じることができた。 テストの点数

2020年度 卒塾生の声

三重進学ゼミで勉強をして印象に残っていることは、学習中はどんなに人がいてもびっくりするほど静かだったことです。 他の生徒が勉強をしている紙をめくる音や鉛筆を動かしている音が伝わるぐらい静かで、他の塾とは集中力が全然違うなぁと思いました。 今後生きていく上で学んだことは 『大人にな

2020年度 卒塾生の声

僕は、今までまったく勉強をしてこず、三重進学ゼミに入塾してからも宿題をサボっていたので毎日怒られっぱなしでしたが、それでも毎日意識することによって生活習慣や字の汚さなどを直せたことにより、これからの人生でとても役に立つと感じました。 高校に行っても社会に出てもいろんな良いこと以上