卒塾生の声

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕
僕がこの塾に入って学んだことは、勉強すればその分、点数が必ず返ってくるということです。
松田先生が教えてくれた勉強方法を正しく使えば、必ず良い点を取ることができます。
ですが僕は初め、先生が教えてくれた勉強方法を正しく活用することができませんでした。
でも1年の2学期に松田先生に社会の勉強方法を教わり、その勉強法を言われたとおりに使って勉強していたら、前のテストよりも30点以上点数を上げることができました。
印象に残ったことは、他の塾では絶対にできない勉強ができるということです。
学校で習う勉強は学校でも他の塾でも勉強できます。
でも三重進学ゼミでは学校の勉強はもちろんですが、社会に出ても必ず役立つスキルも勉強できるのでとても僕のためになりました。
僕が今後生きて行く上で学んだことは、いろんな人にしっかりと感謝することです。
まず、この塾に通わせてくれた家族に感謝します。
そして4年間、僕に勉強を教えてくれたり、進路について自分のことのように一緒になって悩んでくれた松田先生に感謝することです。

〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕
自分が中学生活を経験して伝えたいことは後悔が少しでもなくなるようにすることです。
自分は小学生のころから勉強が苦手で中学に入ってもテストでも良い点が取れず自分の力を最大限に発揮できたことが少なくとても後悔しています。
だから、皆には『もっと早くから勉強していたら良かったな』ということが無いようにしてほしいです。
僕は松田先生に定期テストがあるたびに「良い点を取る」といっていましたが、いつも心のどこかに「こんなもんでいっか」という気持ちがあり全然取れたことがありませんでした。
松田先生との約束で『テストの点数を今まで以上に大幅に上げ先生に喜んでもらう』と自ら目標を決め約束をしたのですが自分の力不足で僕の中では松田先生を喜ばせることができませんでした。
僕はこの約束が果たせなかったことがとても悔しいです。
でも、良い点が取れたとき松田先生は自分以上に喜んでくれます。ダメだったときは、何が原因でできなかったのか真剣に相談に乗ってくれます。
だから、皆さんも言われたとおりに勉強してみて松田先生をもっと喜ばせてあげてください。
僕は中学1年と2年の時に勉強をサボっていて、先生にも家族にも怒られていてばかりでした。
酷い時には週に何回も親が塾に来て先生と何時間も話をしていました。
でも、中2の冬から気持ちを入れ替えて勉強しました。
気持ちが変われば行動も変えることができます。
松田先生や家族に怒られたとしても反抗して言い返すのではなく自分のことを思って言ってくれているとポジティブに考えてください。
そうすれば自分の気持ちを変えることができます。

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

私が一番印象に残ったことは勉強の仕方とやる気で本当に勉強ができるようになるということです。

私は学校以外では1度も勉強をしたことがありませんでした。

だから勉強の仕方を全く知りませんでした。

そして、やる気も0%。

学校に行けなくなった期間もあり、とても遅れていました。

でも、塾で正しい勉強のやり方をいろいろ教えてもらって、その通りに毎日頑張っていたら少しずつ勉強ができるようになりました。

できないことや、できるのにやらないことが多かった分、たくさんできることが増えていき、それが嬉しくてどんどんやる気が出てきました。

だから、印象に残っていることは勉強のやり方とやる気で本当に勉強ができるようになるということです。

今後、生きて行く上で学んだことは『わからないことを、わからないままにしない』ということです。

分からないことがあればまず自分で調べてそれでも解決しないときは教えてくれる人に聞こうと思います。

そうして沢山成長していきたいです。

 

〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

できるだけ早く、将来の夢や目標を見つけることです。

何も夢や目標がないと行きたい高校が見つけにくいと思います。

そうなると勉強をする理由がなくなって適当に生活をしちゃうと思います。

私は1年の時に部活で行きたい高校がありました。

でも辛い出来事があり続けられない状況になりました。

そこで、夢も目標もなくなり、それまで頑張っていた勉強も何もかもが適当になり、適当どころか何もやらなくなりました。

テストの点数は右肩下がり。

でも、やっと夢を見つけたときにはもう中3の冬。

とてもスタートが遅かったです。

色々なことに後悔しながら頑張りました。

とてもしんどかったです。

だから、早くに夢や目標を見つけてほしいです。

そして、何があっても最後まであきらめないでほしいです。

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

勉強する意味や勉強することの大切さを三重進学ゼミに入塾して学びました。

分からなくなったら答えをすぐ見て、できたつもりになっているのではなく、テキストやタブレットなどを使ってどんな風に調べたら答えを導き出せるのかを先生は教えてくれるので、答えだけを見て、できたつもりになっているのではなく、いろんな方法で解き方や意味などを調べて自分の知識にしていくことが大切なんだと学びました。

〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

学校、塾も含めて提出物は期限までに絶対出すこと。

毎日コツコツ提出物を進めないとテスト期間までに終わらないし、テスト勉強をするにも提出物が残っていたら本当にやりたいテスト勉強ができないから困るし、後で後悔すると思うから、毎日コツコツ勉強して提出物を進めておいた方がいいと思います。

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

私は人見知りで、今まで塾に行ったことも小学生のころ、自由にワークをこなすところだけだったので授業形式のところや騒がしいところは苦手で、初め三重進学ゼミに来たときは、だいぶ緊張していましたが先生は臨機応変に私のやり方を受け入れてくれたというのがすごく印象的でした。

それに、数学の勉強のやり方と英語の速読は特に役に立ったなと思いました。

数学は基礎から理解できていなかったので受験前に1年生から3年生の内容を全て復習できたし、英語はもともと嫌いではなかったのですが長文が苦手でテストなどに出てくるといつも後回しにして解けずに終わるということが多かったのに実力テストや定期テストの長文はだいぶできるようになったなと思います。

生きて行く上で学んだことは、勉強に限らず苦手だなと思ったことはあとに残しておくのではなくちゃんと先にできるようにしなければならないということです。

書いてみると当たり前のことに見えるけれど、私は今まで苦手なことを放置していても大体のことはどうにかなっていたので、そこについてあまり意識したことがありませんでした。

なのでこれから苦手だからやりたくないなと思ったことでも、最後には結局自分にツケが回ってくると思うので『きっちりやらなければ』と思いました。

 

〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

私は、中学3年の2学期の最後から塾に入って、志望校を決めたのも同じ時期だったので、とにかく早め早めに志望校や○○校以上には行く!というような目標を決めておいたほうがいいなと強く思いました。

私は、最終的に決めた志望校を夏に見学するつもりだったのですが、その前日に「面倒だな」と思ってしまい、結局行かずに秋まで過ごしてしまいました。

今、合格できたので笑って話せるけれど、もし落ちてしまっていたら後悔でいっぱいだったんだろうなと思います。

そして、言い訳がましくも聞こえますが行きたい高校が決まっておらず塾にも通っていなかったので勉強しなければいけないという実感がわかずに中1から中3の2学期まで学校で出された課題以外は全く勉強をせずに学校での順位が2ケタである限り「まぁ、いいや」と思って過ごしていました。

そのせいで最後、だいぶ短期間でいろんな知識を詰め込まなくてはいけなくなったので、早く志望校を決めておくにこしたことはないなと思いました。

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

三重進学ゼミに通ってから1日に集中して勉強ができる時間が増えたことが自分にとって凄くよかったです。

家に帰ってもダラダラして勉強を後回しにしがちだったけど、通い始めてからは毎日勉強することが習慣になりました。

速読や四則計算は日に日に自分で読む速さや解く速さがはやくなっていくのを実感することができました。

弱点プリントは自分の間違えた問題を徹底することができるので力がついたと思います。


〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

1日が終わる時に『今日は頑張った』と自信を持って思えるまで勉強しておいた方がいいと思いました。

私は、『今日はもういいか』という思いで1日を過ごしていると、あっという間に受験に近づいてしまったので・・・

1日の自分の頑張りに自信が持てたらもっといいと思いました。

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

印象に残ったこと

・間違えたところを完ぺきにするまで次のところに進めないところ。

・覚えることが主の科目は何度も書くよりイメージを結び付けて覚えるようにするところ。

生きて行く上で学んだこと

・わからないところがあっても、まずは自分で調べること。

 

〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

・時間を決めて、その時間 集中して勉強して、その他は自分のやりたいことをすること。

・難しいという苦手意識を持たずに勉強したら内容が頭に入ってきやするなるところ。

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

三重進学ゼミで印象に残ったことは、まず問題の量がめっちゃ多いところです。

だけど、先生に相談したら真剣に話を聞いてくれるし、自分のレベルにあった課題を出してくれて、成績が上がったからやってとても身についたと思います。

でも、僕は勉強が嫌で、先生の言うことや親の言うことを無視して塾でもやらなければいけないことからずっと逃げてきました。

それが原因で第一志望校に合格することができませんでした。

とても悔しかったけど、自分が勉強をやらずに逃げてきたので仕方がないと思います。

結果、僕のためを思っていつも先生や親が叱ってくれていたことが一番印象に残りました。

今後、生きて行く上で学んだことは、三重進学ゼミでは的確な答えを言わないと先生が質問攻めにしてくるので、入塾した時は何も言えなかったり、質問に対してめちゃくちゃな答えしか話しできなかったけど、最後は先生の質問に対して先生が納得できるような答えをすぐに言えるようになりました。

これは社会に出ても必ず通用するスキルになりました。


〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

まず、休まないこと。それと目の前の課題を答えを写さずにやることだと思います。

なぜかというと、休んでしまうと休んだ分の課題もやらないといけないし、それが溜まってくると終わるのに時間がかかり深夜の1時や2時までかかる可能性があるから休まない方がいいと自ら経験しました。

もう一つは答えを写さないこと。

なぜかというと、答えを写してしまうと先生に質問されたときに何の答えか分かっていないので絶対にバレて話が長くなるからです。

話が長くなると勉強をやる時間も遅くなるから正直に答え合わせをしたほうが結果早く終わります。

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

私が三重進学ゼミで勉強して行く中で印象に残ったことは、テスト勉強でなかなか勉強が進まず深夜0時などになってしまったことです。

そんな遅い時間になっても先生は私に付き合ってくれました。

諦めずに頑張ったときのテストはいつもより点数が高く、嬉しくて舞い上がりました。

もう一つ三重進学ゼミで学べたのが、課題を終わらせた後のとても気持ちの良い達成感です。

大量の課題をやり遂げた後の達成感は本当に気持ちがいいです。

 

〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

私は、中学生活で友人関係に苦労しました。

トラブルになった後でも自分の味方でいてくれる人が本当の友達だと思っています。

どれだけ苦しいことがあっても先生や友達、家族が助けてくれるので大丈夫です。

自分が苦しい時に手を差し伸べてくれる人は今後、かけがえのない人になるので皆さんも優しく接してあげてください。

学校生活で何か苦しいことがあっても頑張ってください!

2019年度卒塾生

〔三重進学ゼミで勉強して印象に残ったこと、今後、生きて行く上で学んだことは何ですか?〕

受験前の最後の週の追い込み時に、英語の単語の練習を沢山やっていて、結構英単語を覚えることができたことが印象に残りました。

受験でも覚えた単語が沢山出てきたのでやっておいて本当に良かったと思いました。

今後、生きて行く上で学んだことは、塾で必ずやらなくてはいけなかった『あいさつをすること』です。

忘れないように心掛けていると、周りの人にも挨拶ができるようになりました。

それと、僕は初め、勉強なんてやらなくても高校ぐらい行けるだろうと甘く思っていましたが先生や親の話を聞いていると、だんだん焦ってきて最後は毎日塾に行って頑張ったんですが、勉強というのは生きて行く上でこれからもずっと大切なことだということも学びました。


〔中学生活で後輩に伝えておきたいことは何ですか?〕

僕は、3年生の後半まで意識を変えることができずにダラダラしていてそこから猛勉強して合格できたのですが1年生の時から少しずつでも勉強していればもっと楽だったと感じました。

小学生の子は中学生になってから、勉強がもの凄く難しくなるので、今のうちからしっかり勉強をしておいた方がいいです。

わからないことを放っておくと僕みたいに学年が上がるごとに、わからないことが増えていくので、わからないことはちゃんと自分で調べてそれでもわからないことは先生などに聞いた方が絶対いいです。

僕は3年の夏から三重進学ゼミに入塾したので、このようなことを入塾するまで全くやらないで過ごしてきたので今ではもっと早くから勉強すればよかったと後悔しています。

なので、僕のように後悔しないように1年生のうちから三重進学ゼミで頑張ってください。

あと、友達は沢山いたほうが楽しいから沢山作ってください。

​〒518-0622

三重県名張市桔梗が丘2-7-104

(165号線 桔梗のローソンと消防署の間)

(POLA viclair横)

​駐車場有

​三重進学ゼミ桔梗が丘校

塾長: 松田 亮由

Eーmail: mieshingakuzemi@gmail.com

保護者様専用:080-6772-4911

先生/一般090-8327-5970

受付時間

平日

14:00 ~ 22:00

通常授業

平日

16:00 ~ 22:00

休日

​土・日・祝

※特別講習や研修などにより変動あり

​※通塾日と休校日が重なる場合は振替授業にて対応させていただきます。

住所
​営業時間

​無料体験・転塾相談専用ダイヤル