学習することは楽しいことです。

しかし楽しさを感じるにはきちんとした学習習慣をつけることが必要です。

私たちには学習習慣をつけるシステムがあります。

やる気がある小学生、中学生の皆さん、共に知らないことを知る喜びを感じ、学力を確実につけましょう。

『意思のあるところに道あり!』

 

【塾に行っているだけ】

【通っていても全然できるようにならない】

そんな塾にはしたくない思いから、当塾では学校や、他塾では曖昧になっている『出された課題』を絶対に終わらせるように指導しております。

学校や他塾では提出期限があるものの、いつまでも出さなかったらその後、先生からも言われなくなります。

他塾でも、入塾時にテキストを渡してその後、やっていなくても問題ない塾もよく聞きます。

学校や他塾では『やっていなくても、なかったことになる』のです。

宿題をやらない。提出物を出さない。そんな子に多い理由は「忘れてました。」「忙しかったんでできませんでした。」「用事があってできませんでした。」「部活の試合があったんでできませんでした。」などで、そのように言っていつまでも言い訳をします。

その結果、テストではそれに見合った点数を取ってくることになります。

なぜ、言い訳をし続けるのか。

それは、それらの理由で言い訳をし続ければ今まで学校でも家でも許されてきたからです。

でも、当塾ではそのような言い訳は一切通用しません。

やらなければいけないことをやらなければいけない期日までに終わらせられなかった生徒は最終期日を本人と相談して設定し最終期日にできていなければ、できるまでトコトン居残りをしてもらいます。

居残りの時間は保護者様との相談となりますが、長い子で深夜0時ぐらいまで頑張ったお子様もおります。

そのように1度頭を打った生徒は、もう居残りするのは大変なので言われなくても定期的に課題をこなすようになります。

長時間の学習に慣れてきます。

その結果、今まで家で宿題も一切やりたくなかった生徒が自主的に居残りをするようになり、「帰りなさい。」と言っても「終わるまで帰りません。」と言い始めるようになりました。

これらのように今後、社会に出ても同じようなことが必ず起こってくることを今のうちから経験することにより『精神力』や『忍耐力』と『責任感』なども育成しながら先生と一緒に学力の向上を目指す塾です。

学習塾は学校とは違い、みんなが行かなくてはならないところではありません。

勉強をしてみたい、成績をあげたい、学力を高めたい、と自分から思える人だけが通えるところだと私はいつもお伝えしています。

入塾していただくには、何よりもご本人の強い希望、やる気が必要だと考えています。

したがって、保護者の方が通わせたいと思われても、本人の希望がなければ、入塾をお断りしています。

また、塾に通わせたら、あとはお任せします、という保護者の方もお断りしています。

子供たちの学力を高め、成績を確実に上げるためにはご家庭と塾との連携が大切です。

決して難しいことを要求しているわけではありません。

子供たちのためにご家庭と塾とが情報を共有し、両輪となって子供たちを見守っていくことを目指していきたいのです。

入塾していただければ必ず学力を伸ばします。

そのための約束があります。

7つの約束が守れる方は入塾できます。

①宿題は必ず毎日しましょう。

塾では日付をきった宿題がでます。毎日やればそんなに時間がかかるものではありません。
毎日丁寧に調べながら宿題をすることによって、自分で学習していく力がつきます。
宿題を何度か忘れたら、保護者様との緊急面談を行い学習計画の見直しを行い改善されないようであれば退塾してもらいます。


②塾に来たら、すぐに靴箱に靴をきちんと入れましょう。

靴を揃えて靴箱に入れることによって、気持ちが爽やかになります。
自転車で来られた方は教室に入る前に自転車も真っ直ぐきちんととめましょう。


③勉強した後の机の上の消しゴムのかすや床の上のゴミを拾って帰りましょう。

立つ鳥跡を濁さず、の習慣がつくことのよって、きちんと自己管理が出来るようになります。


④授業の前に5分早く来て、宿題のチェックをしてもらいましょう。

塾に来たら宿題のチェックをしてもらいわからないところがあればその時に質問をしましょう。
わからないところがわかるようになったらもう一度、同じ問題をやりなおしましょう。

ほんの少しの復習によって、驚くほど定着します。


⑤時間と物を大切にしましょう。

自分の時間を大切に使ってください。せっかく勉強しに来ているのに、お喋りしたり、うろうろしたりすることは時間の無駄です。
勉強に関係ない話をすることは、自分の時間も無駄にし、近くの友達の時間も無駄にします。
そして身の回りのものを大切に使ってください。友達のもの、塾の備品、壁などを丁寧に扱ってください。
(落書き厳禁。壁や机を傷つけることも厳禁。発見した場合は弁償していただきます。)


⑥携帯電話は許可していること以外は使用禁止。

調べ事などに使うことは許可しています。

それ以外の時は、置いてあるだけで集中が途切れるので必ず電源を消しておきましょう。

お家の方に連絡しなければならないときは教室を出てからにしましょう。

授業中、許可していること以外で発見した場合は没収です。

没収されたらお家の方に取りに来てもらいます。


⑦何より塾に通わせてもらえるお家の方に感謝しましょう。

最初にお伝えした通り、塾は行かなくてもいいところです。お月謝を負担して勉強させてもらっているというということを理解しましょう。

塾に通わせてもらっていることに、お家の方にまず感謝しましょう。